banner

行政書士が会社設立

行政書士が会社設立するメリット

会社設立と言えば、多くの人が大変な手続きをしなければならないと思い込んでしまうようです。手続きが面倒なのは事実ですが、特別難しいというものでもありません。必要な書類を必要なところに提出すれば良いのですから、実は難しいものではなくて、多くの人は面倒くさいと感じるくらいの手続きなのです。

ですから、自分一人ですべての手続きを行う人もいます。会社設立をするためにはいろいろな費用がかかりますし、設立後にはできるだけ多くの資金を持っておきたいと考えるのは当然のことですから、安く済ませるために自分でしようと考える人もいるのです。しかし、それは逆効果で、行政書士に費用を支払って会社設立したほうが安い場合が多いことも覚えておきましょう。

行政書士を使った場合、手数料や報酬などの費用が発生します。それにもかかわらずトータルで安くできる理由は電子定款を作成できることによります。会社設立をするためには定款の作成が必要です。定款は会社のいろいろな決まり事を定めたものですから、これがなければ会社としては存在できません。かつては紙に印刷するのが主流でしたが、最近になってデータとして作成することが認められるようになりました。紙に印刷して作成した場合には収入印紙が4万円分必要ですが、データとして作成した場合には、この4万円分が必要ありません。このような制度になっている理由は、国としても電子化を進めたいからでしょう。それを考えれば、データとして作成するほうがすぐれているということに、誰もが気付くはずです。しかし、データとして作成するためにはパソコンやソフトウェアなどが必要となりますし、それ以外にもいくつかの機器が必要となります。これらをすべて自分でそろえようとすると、そこそこの金額になります。4万円以上かかれば、自分でそろえるほうが不利になるのは明白なことでしょう。その後は使わないのであれば、もったいない話です。

行政書士に依頼した場合、これらの機器がなくてもデータとして提出することが可能です。ですから、4万円分を節約するためには適しているといえるでしょう。支払わなければならない費用はそれぞれでことなりますが、会社設立の場合には1万円未満の報酬で請け負ってくれる事務所はたくさんあります。報酬を支払って依頼したほうが、トータルでは安くなりますから、会社設立を検討しているのなら安く請け負ってくれる業者を探すのが良いと考えられます。

Copyright(c) 2014 会社設立で実際に安く設立できのか、またその方法とはAll Rights Reserved.