banner

会社設立手続きと司法書士

会社設立手続きと司法書士について

会社設立というのはかつてに比べて大きくハードルが下がりました。以前は株式会社を作るには1000万円の資本金の準備が必要であり、有限会社でも300万円の資本金の準備が必要でした。そのためそれなりの事業計画を持っており投資を募ることのできる才覚を持っている人物でなければ起業を行うということはできなかったのです。しかし新会社法の施行によりこの様な高いハードルは撤廃され、現在では極端な話ですが1円の資本金でも会社設立ができるようになりました。この様な規制緩和により一つのアイディアを以って起業し、それをビジネスとして成功させるということも可能になってきたのです。

この様な企業のための手続きというのは思いの外シンプルな仕組みで成り立っています。簡潔にまとめてしまえば新規で会社設立しようと考えている会社の形に合わせた申請のための書類を作成し、それを揃えて所轄の法務局に持ち込むという事務手続きで会社を作ることができるのです。この仕組みそのものは素人であってもマニュアルを見ながら一つ秘湯解決していけば出来る内容の作業ですが、近年では新規での会社設立の件数が増加傾向にあることもあり司法書士による会社設立代行のサービスも盛んに宣伝されるようになってきています。

司法書士はこの様な法的な書類の作成を専門とする専門職の一種であり、会社名や事業目的、役員、印鑑の作成と資本金のい払い込みなど一部の経営者でなければ出来ない手続きを除いては全てを代行してくれる仕組みで代行サービスを行っています。その気になれば会社設立手続きは1日で終了することもできるのが専門職の強みであると言えるでしょう。

又近年では会社設立時に必要とされる定款と呼ばれる諸水の電子データ化が盛んに行われています。この定款を電子データにすることで印紙税を支払わずに定款を公証役場で承認してもらうことができるため、自分で定款を作成する場合に比べて格段に安く済ませることが出来ます。電子媒体での定款提出は色々と面倒ですが、専門業者であれば比較的簡単に処理が出来ます。

そのため安くなった申請料で外注費を捻出することができるようになってきています。そのため実質的にプロの仕事を安く委託することができるようになって来ているのです。自分絵会社設立手続きを行うのもありですが、その時間で事業計画を深く寝るのが優れた経営者のあり方であるという考え方が徐々に広まってきています。

Copyright(c) 2014 会社設立で実際に安く設立できのか、またその方法とはAll Rights Reserved.