banner

最近の投稿

内祝いについて

会社設立の内祝いについて

会社設立や開店など独立したときには、取引先などの仕事関係者からお祝いをいただくことがあります。その場合には、他のお祝い事と同じく内祝いを贈るのがマナーとされています。

会社設立するときには、祝賀会などのパーティーやイベントを催す場合は、そのパーティーにお祝いを贈ってくれた方たちを招待し、食事等でもてなすことがお返しとなります。パーティーの場所は、開店する店舗や事務所を会場とすることが多いです。

食事内容は、手軽につまむことができるオードブルやサンドイッチなどの軽食で、フリードリンク形式が一般的です。立食形式が主流となっています。

パーティーの最後には、招待した方に開店祝いのお返しも兼ねた粗品や記念品を引き出物として渡すことがあります。会社設立のパーティーは、お祝いをいただいた方へのお返しだけではなく、取引先や業者、業界関係者などのたくさんの人に会社や店舗のことを知ってもらう広告の意味も兼ねて行うことが多いです。そのため、お披露目パーティーで招待客に渡す記念品には会社名などのロゴが入っているものが多いです。パーティーに不参加の方で、お祝いは頂いた方がいた場合は、後日、記念品とともにお祝いに対するお礼状を添えて郵送するのがマナーです。パーティーなどを開かない場合は、品物を贈ります。贈る品物の金額は、だいたい頂いた金額の半額が一般的です。

会社設立祝いや開業祝いに贈られる金額の相場は、1万から3万ぐらいが平均ですので、お返しは5千円から1万円程度のものを贈ります。

開業祝いには、現金や商品券のような金額がわかるものではなく花などの品物を頂いたケースもあります。その場合は、頂いた品物の値段を調べてからお返しの額を決めるほうがよいです。ちなみに開店祝いなどでよく贈られることが多い胡蝶蘭であれば、だいたい3本寄せ植えである場合は3万程度の金額になります。品物につける熨斗は、紅白の蝶結びのを選びます。表書きは、上段に「内祝い」、下段に贈る側の苗字を書きます。贈る時期は、会社設立から1週間ぐらいから遅くとも2週間以内には届くように手配します。

品物では、業種に関連しているものを贈る場合もありますが、一般的にはお菓子やタオル、コーヒーの詰め合わせなど日用品や消耗品が選ばれることが多いです。最近では、自由に品物を選ぶことができるカタログギフトも人気があります。それ以外には、自社で生産している商品などを贈るケースもあります。

Copyright(c) 2014 会社設立で実際に安く設立できのか、またその方法とはAll Rights Reserved.