banner

会社設立のリスク

会社設立に伴うリスクについて

会社設立は、以前では有限会社の場合は300万円の資本金、株式会社になると1,000万円もの資本金を準備しないと会社設立を行うことができなかったため、普通に働いているサラリーマンが脱サラして会社設立をしようと試みてもなかなか難しいものでした。

しかし、近年制度が大きく変わったことにより、資本金は1円からでも会社設立が可能になったため、社長業を夢見ている方にとっては非常に良い時代になったといえるのではないでしょうか。

しかし、一方でそれに伴うリスクがあることも忘れてはいけません。会社設立のハードルが下がったということは、それだけ気軽に設立ができてしまうということになります。しかしながら、軽い気持ちで会社を設立すると、後程痛い目を見てしまうかもしれません。

会社設立のためには資金が必要です。いくら資本金として準備する金額に制限がなくなったとは言えども、設備投資にも資金が必要です。

社員を雇うのであればその社員に支払う給与も必要です。何かを作るための原材料費などももちろん必要です。ですから、手元にわずかしか元手がない状態で会社設立を行うのは非常にリスクの高い行為なのです。

会社を経営するということは、その仕事に責任が付きまといます。そして、みなさんはその会社の経営者なのですから、何かあった時の全責任は自分が負わなければなりません。運転資金として銀行から借り入れを行ったとしましょう。

もし会社の経営状態が悪化してその返済ができなくなってしまったといたならば、最終的に倒産ということになります。しかし、その残った借金は代表者であるみなさんがその後も返済していかなければならないのです。それらの数あるリスクをよく考えたうえで、会社設立に踏み切りましょう。

また、よく知識を蓄えておかなければなりません。雇用保険や労災保険、社会保険の仕組みは十分理解していますでしょうか。また、健康保険組合の問題もあるでしょう。

さらには税金に関する知識、業界に精通していることなど、さまざまな知識が必要です。もし外国人の方を雇用するのであれば、きちんと届け出をしなければなりません。それらのすべてを理解していないと、経営を行うことは難しいのです。

ですから、会社設立を行う前によくそれらの知識と起こりうるリスクをしっかり把握したうえで、より良い会社を経営していけるように準備を必ずして、十分備えを持った状態で会社設立に踏み切るようにしましょう。

Copyright(c) 2014 会社設立で実際に安く設立できのか、またその方法とはAll Rights Reserved.